五十肩の悩みを

五十代を過ぎてから急に肩が重く感じてみたり、肩に痛みを発するようになってくるとそれは世間では五十肩と言われます。しかし、この五十肩というものは厄介なもので未だに原因ははっきりと分かっているものではありません。

高齢による筋肉の疲労であるのかはっきりとした治療法がないために放置しておくしかないと言われていることが多いのですが、もしも肩の関節に異常があるために生じている痛みであるのであればまだ諦めることなく治療をおこなえます。

関節には骨と軟骨が存在しているのですが、骨には異常がなく軟骨成分が磨り減ってしまっているような状態を確認できるようであればまず軟骨を丈夫にすることを考えていきましょう。

減ってしまった軟骨を増やすことはできませんが、残った軟骨を軟弱なものから丈夫なものにできます。コンドロイチンという物質を摂取し続けていくことによって軟骨を丈夫にすることができ、関節の動きをスムーズにさせ、尚且肩に感じていた痛みを生じさせることが無くなります。

ついつい歳のせいだからと肩の治療を諦めてしまう人も多いかもしれませんが、関節を痛めているようであればいくらでも治すことができるので医師と相談しましょう。