肩が痛くて腕があがらない

肩の関節に不具合が生じるようになると最悪の場合、肩の痛みだけで終わってしまうのではなく、腕が肩よりも上にあげることができなくなってしまうほどの重症になります。

腕が肩よりも上がらない状態は高齢の人になると四十肩や五十肩と多く呼ばれてしまうことがあって歳のせいだから仕方がないのだと治療も諦めてしまう人が多いのですが、まだまだ若いというのに肩に痛みがあるせいで腕があがらないとなると何らかの原因があるのだと考えなければなりません。

関節への負担によって腕があがらなくなってしまうということもあるのですが、それだけではなく、関節内部の軟骨に異常があるせいで腕があげられないということも考えられています。

となれば、その軟骨を正常に戻してあげれば簡単に腕をあげることができますし、肩の痛みともお別れできます。

軟骨が正常な人よりも少なくなってきてしまっている人の肩関節というのは軟骨が減ってしまっている場合が多く、残った軟骨で関節を支えてあげるためにもコンドロイチンという物質が重要になります。

コンドロイチンという物質によって軟骨を丈夫にし、関節を柔らかく動かすことができるようになるために痛みを感じなくなります。